病院でもらうなら|緊急避妊薬のアイピルとは|アフターピルを上手に活用

緊急避妊薬のアイピルとは|アフターピルを上手に活用

病院でもらうなら

たくさんの薬

アイピルなどのアフターピルというのは、医療機関で処方してもらうことができます。産婦人科や産科などの女性が利用するクリニックへ行けば処方してもらえます。
ただ、こうした薬を処方してもらうとなれば診察を受ける必要があります。診察を行う前には問診票を記入することとなりますが、そこではどんな症状でクリニックに来たか、現在服用している薬はあるか、アレルギーや病気を起こしたことがあるか…というような質問に答えます。
そして、性行為をした日や生理が来た日などデリケートなことについても伝えます。
また、医療機関を利用するということは、当然費用も発生します。
費用はクリニックによっても異なりますが、安ければ5,000円、高ければ10,000円程度になります。一般的な治療に比べると高いと思うでしょうが、その理由は保険が適用されないからです。
保険適用外の治療となりますので、どうしても高額な費用になります。よって、アフターピルをもらいに病院へ行くという場合には、最低でも10,000円は持っていくようにしましょう。

妊娠は避けたいけど、そこまで高額な医療費は払えないという場合には事前に通販で購入しておきましょう。通販を利用すれば、アイピルの他にも様々な種類の避妊薬が販売されています。アイピルは副作用を感じる方も居ますが、副作用を感じにくい低用量のピルもあります。

アフターピルは緊急用の避妊薬です。いつ何があるかも分かりませんからお守り代わりとして最低1錠は持ち歩いておきたいお薬です。