副作用に注意|緊急避妊薬のアイピルとは|アフターピルを上手に活用

緊急避妊薬のアイピルとは|アフターピルを上手に活用

副作用に注意

カプセル

アイピルというのは避妊に失敗してしまった場合でも、性行為をしてから3日以内に服用すれば避妊することができます。
では、毎回避妊をせずに性行為をして、その後アイピルを服用すればいいのではないか?と思う方もいるでしょう。

しかし、アイピルはあくまで緊急用の避妊薬です。そのため、常用することは避けましょう。
というのも、アイピルを服用することによって大量の女性ホルモンが体内で分泌されます。体の自然な仕組みを壊していることとなりますので、常用すると健康に影響が出てしまいます。
また、アイピルは副作用を感じやすいので、常用するのは体的にも辛いと感じるでしょう。
アイピルの副作用としては、吐き気、胃痛などです。症状には個人差がありますが、多くの方がなんらかの副作用を感じているようです。

吐き気を感じた時に、我慢できずに嘔吐してしまう方も居ます。
もちろん、嘔吐感を我慢するのは辛いと思うので嘔吐してしまうのは仕方がないことなのですが、その場合には注意が必要です。
アイピルを服用してから2時間以内に嘔吐してしまった場合は、薬の有効成分が体に浸透していない可能性がありますので、再度服用する必要があります。
アフターピルの副作用が強い…という場合には、アフターピルを服用する際に市販の吐き気止めや胃薬を一緒に服用するなどの工夫をすると良いでしょう。そうすることで、副作用の症状は軽減されて過ごしやすくなります。

また、服用する前に副作用が心配という場合には、日頃から服用するタイプの低用量ピルなどに切り替えると良いでしょう。